ただいま改装中です。記事デザインが崩れている箇所がありますが、順次修正中です。

眠気覚ましのコーヒーが実は苦痛だと思っているあなたへ

朝、布団から出て、コーヒーを用意して。

寝ぼけまなこを擦りながら、思いませんか?

どうしてこんなもの飲まなきゃいけないんだろう

眠くて、仕事に行きたくなくて、でも起きなきゃいけないから眠気覚ましに好きでもないコーヒーを飲む。

気分は最悪ですよね。

ああ苦い、まずい

ミルクを入れたらなんとか飲めるけれど、やっぱりコーヒーは好きじゃない。

そんな朝を変えられるとしたら、どうでしょう?

 
そんな方法があるの?
 
試してみるかどうかは、あなた次第です。

目次
広告

実は私も、コーヒーが飲めませんでした

私も昔はコーヒーが苦手でした。

まさに「眠気覚ましのためだけ」に飲んでいるようなものだったので、インスタントコーヒーを少量のお湯で溶かして、味をごまかすために牛乳を入れて、粉薬のようにぐびっと飲んでいました。

今ではこうしてコーヒーブログを書いているくらいなので、信じられないでしょうか?

実は今でも、どんなコーヒーでも飲めるわけではないんです。缶コーヒーは苦手だし、コンビニコーヒーはブラックだと飲めません。

「コーヒーが好きです」と公言してはいますけど、飲めないコーヒーの方が多いんです。

そんな私だからわかります。

あなたがコーヒーを飲めないのは、実は「口に合わないコーヒー」を飲んでいるからではないでしょうか?

 
コーヒーってどれも同じじゃないの?
 
そう思っている人が多いですが、実は違うんです。

運命のコーヒーとの出会い

地元に小さなコーヒー屋さんがありました。

「おいしいらしいよ」と噂は聞いていたのですが、木が鬱蒼としていて入りにくい……。

ガーデニングに力を入れている、緑がたっぷりのお店は、初めて訪れるには木に埋もれすぎていたのです。

それでも「そんなにおいしいなら気になるなぁ」と思っていたある日、いつの間にやら弟が先にそのお店を訪れていたのです。

そのうち、豆を買ってきた弟が淹れるコーヒーを飲んで(もちろんミルクを入れて)、「一緒に行こう」と誘って。

ようやく初めて、その「地元のコーヒー屋さん」に足を踏み入れました。

 
ドキドキするね……!

木のぬくもりが感じられる小さな店内。カウンターの向こうには、バイトのスタッフさんと、バリスタのさぁやんさん。

コーヒー初心者の私が注文に悩んでいると、優しくアドバイスをしてくれました。

テーブルには「最初の一口は、ミルクや砂糖を入れずに飲んでみてください」と書かれたカードがありました。

コーヒーとガトーショコラの写真

(昔のスマートフォンで撮った写真なので、ボケボケしていますね)

運ばれてきたコーヒーを、最初は何も入れずに飲んでみて……びっくりしました。

そのままでも飲みやすい!

それでも当時は甘い方が飲みやすかったので、最後にはミルクと砂糖を入れてしまったのですが、ブラックなのにおいしいコーヒーは初めてでした。

このお店で飲んだコーヒーが、「スペシャルティーコーヒー」と呼ばれるものでした。

広告

コーヒーが苦手だった私が初めてブラックで飲めたコーヒーとは

それから少しずつコーヒーが好きになって、やがてそのお店でコーヒー豆を買うようになりました。

そして今ではすっかりコーヒーがおいしく感じられるようになりました。もちろん、砂糖もミルクも入れません。

平日の仕事前には、わざわざ早起きをしてコーヒータイムを楽しんでいた時期もありました。

コーヒーを飲むのが楽しみになったのです。

朝においしいコーヒーでゆったりした時間を過ごすと、こんないいことがありました。

  • 仕事前に至福のひとときを過ごしてほっとできる
  • コーヒーがおいしいからやる気や元気が出る
  • カフェインで目が覚めるから、仕事もはかどる
  • コーヒータイムのちょっとした朝活で自分磨きができる

今は私は朝のコーヒータイムはやめにして、会社にコーヒーを持って行って飲むようになってしまったのですが、朝のコーヒーが素晴らしいことには変わりありません。

どうしてこんなにもコーヒーが好きになれたのでしょう?

それは、スペシャルティーコーヒーのおかげなのです。

私が出会ったおいしいコーヒー屋さんで取り扱っているコーヒーは、「スペシャルティーコーヒー」というものでした。

スペシャルティーコーヒーとは

  • 栽培から加工・流通の過程がはっきりわかる
  • 生産地の個性的な風味が味わえる
  • 欠点豆(雑味の原因)が少ない
  • スペシャルティーコーヒー協会の評価点数80点以上

などの特徴を持ったコーヒーです。

つまり、どうやって作られたかがわかるので安心安全で、コーヒーの中でも特においしいコーヒーというものなのです。

 
点数80点以上ってどうやって決めるの?
 
コーヒーにも、ワインで言うソムリエのような人がいるんですよ。

コーヒーが苦手な人にこそ、スペシャルティーコーヒーを飲んでみてほしいです。

「コーヒーはまずくて飲めない」から「あれっ、飲みやすい!」に変わる驚きの体験は、コーヒーが苦手だからこそ味わえる感動です。

私自身、初めてコーヒーを「おいしい」と思ったときはとてもびっくりして、感動しました。

この感動を、みなさんにも味わってほしいです。


スペシャルティーコーヒーが買えるお店「珈琲きゃろっと

私が初めてブラックコーヒーを飲めたお店が、「珈琲きゃろっと」さんです。

珈琲きゃろっとさんで扱っているコーヒーは、どれもスペシャルティーコーヒー。

しかも、焙煎士の内倉さんは「カッピングジャッジ」「Qグレーダー」というコーヒーの品質鑑定をする国際資格を持った、凄腕の焙煎士さんなのです。

この凄腕の焙煎士さんが、実際に農園に行ったり、カッピング(コーヒーの味わいを確認すること)をして「本当においしい」と認めた豆のみを販売しています。

このお店なら、スペシャルティーコーヒーが初めての人でも、どれを選んでも失敗しなさそうだと思いませんか?

実際私は、珈琲きゃろっとさんで買って「失敗した」と思ったコーヒーはありませんでした

もちろん、好みに合う合わないはありますけれどね。

 
「スペシャル」って言うくらいなんだから、お高いんでしょう?
 
安心してください。高いものを「試してみて」なんて言いませんよ。

珈琲きゃろっとさんではネット通販もやっているのですが、初回限定お得なお試しセットを用意しているのです。

どんなセットなのかって?

  • 届くコーヒーは2種類
  • 量は200g×2袋。マグカップにたっぷりと飲んでも1ヶ月は持ちます。
  • 送料無料
  • 完全返品保証でさらに安心
  • 定価は4,244円のところ、なんと1,980円(税込み2,138円)。40%以上お買い得です。

コーヒーには旬があるので、お試しセットで届くコーヒーもその時期によって異なるようですが、安心してください。どのコーヒーもおいしいですよ。

スーパーで買えるようなコーヒー豆と比べると、定価の半額近くと言ってもやはり高いので、無理にとは言いません。買うも買わないも、あなたの自由です。

でも、せっかくのお得なセットですし、朝のコーヒーが楽しみになって、仕事や勉強のやる気が出てきます。一度試してみるだけなら……ね?

気になる方は、こちらのバナーからきゃろっとさんのホームページをご覧ください。

このお試しセット、これ単体だとお店は赤字になってしまう値段設定だそうです。

 
じゃあどうして赤字のセットを売り続けているの?

赤字になってもお試しセットを販売している理由は、一度試したらリピートしてくれるお客さんがたくさんいるから。

 
それほどおいしいってことですね。

多くのお客さんがリピートしてくれるとはいえ、単体では赤字覚悟の超お得なセットですから、あまり数は用意できません。

1日30セット限定です。

人気なので、夜に見ると残り5セットとかになっていたりします。ご購入はお早めに

(買えなかったら、日付が変わってから再挑戦してみてください)


おわりに

 
僕もお試しセット、買いたかったなぁ。
 
初回限定ですから、先に他の商品を注文してしまうと購入できないのですよね。

今まで「苦手」だと思っていたコーヒーがおいしく感じられると、人生が変わるような衝撃を受ける人もいるみたいです。

私も、コーヒーが好きになってブログを始めたので、コーヒーで人生が変わった一人かもしれません。

私の言葉が届く相手はまだまだ少ないかもしれないけれど、おいしいコーヒーに出会ってほしい。そう願って、お得なセットをご紹介しました。

今日ご紹介したコーヒーは、ご自宅にあるコーヒーメーカーで淹れていただいて大丈夫です。

でももし、これを機に「本格的にコーヒーを始めてみようかな」と思う方がいらっしゃったら、こちらの記事も参考にしてみてください。

コーヒー初心者向けの、ハードルの低い道具の揃え方を紹介しています。

あわせて読みたい
趣味のコーヒーの始め方~初心者の道具の揃え方と費用について 「コーヒーの体験が豊かになれば、人生がもっと豊かになる」をテーマに、コーヒーを楽しんでいるMAYAです。 みなさんにもコーヒーをもっと楽しんでほしいので、今日はコ...

コーヒーを我慢して飲んでいる人が、本当においしいコーヒーに出会えますように。

コーヒーを飲むのが楽しみになって、人生がちょっぴりハッピーになることを祈っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
広告

この記事を書いた人

「コーヒーの体験が豊かになれば、人生がもっと豊かになる」をテーマに、コーヒーと暮らしを楽しむための提案をお届けします。コーヒーが大好きで、日本中のロースタリーからコーヒー豆を購入するのはもちろん、コーヒー雑誌や本にも飛び付きます。
◆ご連絡がありましたら、「お問い合わせ」ページからお願いします。
◆このブログはリンクフリーですので、リンクはご自由にどうぞ。◆引用も法律の範囲内であれば問題ありませんが、その際も記事へのリンクをしていただけますと助かります。

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる