ただいま改装中です。記事デザインが崩れている箇所がありますが、順次修正中です。

家族みんなが大満足!ボリュームご飯と日本一ラテの恵庭カフェ|CAFE食堂.キズナ

父代理
今日の晩ご飯は、外に食べに行くぞー!
子ども代理
わーい!!

なんて微笑ましいやりとり、経験のある方も多いと思います。家族で外食に行って、喜んでもらえたら嬉しいですよね。

それが今では

子どもが思春期になって、家族での外食に喜んでくれなくなった……。

小さい頃から連れて行っていたファミレスには、放課後友達と行くようになってしまって、特別感がなくなってしまった……

そんな悩みを抱えているお父さんも、いらっしゃると思います。

私も、高校生くらいの頃は、家族での外食を面倒臭く思っていたものでした。

時間が解決してくれるものではありますが、

でもやっぱり今の娘・息子と家族での外食をしたい! 奥さんにも喜んでほしい!

そんな家族思いのお父さんに、おすすめのカフェを紹介します。

  • インスタ映えするドリンクで娘さんのハートを鷲掴み
  • ファーストフードを食べる機会が増えてしまった息子さんには付け合わせのサラダを
  • ラテアートの可愛いカフェラテで、お疲れママもほっと一息
  • ボリュームたっぷりのご飯で、パパの胃袋も大満足

そんなお店が、これからご紹介するCAFE食堂.キズナです。


目次
広告

家族みんなが喜ぶカフェ食堂とは

場所は恵庭駅と北海道文教大学のちょうど真ん中あたり。

平日は学生さんで賑わいますが、休日はひっそりと落ち着いた、安らげる場所にあります。

お店のドアを開けると、入ってすぐにカウンター席が。

その奥にテーブル席と小上がりの席があって、振り返ると可愛らしい雑貨コーナーもあります。

テーブル席は大きな窓に面していて、気持ちの良い日差しが入り込み、窓の向こうには公園の風景が見えます。

夏場はきっと、緑が綺麗なことでしょう。

水をピッチャーではなくお洒落な空き瓶で出してくれるところが外国風で、とても気に入っています。


バランス・ボリューム大満足のごはんに使われている食材は?

CAFE食堂.キズナは京都で修行を積んだマスターと、北海道屈指の「美味しい」が詰まった土地・十勝で生まれ育ったママのお店です。

小さなお子さんを育てながらのお店の営業で大変なこともあるでしょうけれど、いつも美味しいごはんを食べさせてくれます。

食材はこだわりの北海道産。

中札内の田舎鶏に、厚真町・小林農園の平飼い自然卵、小麦はもちろん道産小麦で、お米は地元恵庭市のものです。

素材が美味しいから、キズナのごはんを食べると心から元気になれるような気がします。

キーマオムカレーは、カレーのスパイスが絶妙で、ちょっと辛いかなと感じるくらいなのにモリモリ食べられちゃいます。

卵にこっそり隠れたチーズが食べているとびよ~んと伸びて、にこにこしてしまいます。

ランチメニューは、全品サラダ・ドリンク付きです。

  • キーマオムカレー
  • からあげプレート
  • キズナ風タコライス

は固定メニューで、その他に日替わりで内容の変わるメニューもあり、行く度に違う味が楽しめます。

たとえばこの「気まぐれピザランチ」も日替わりで具材が変わります。これももちろんサラダとドリンク付きですよ。

日替わりの「気まぐれ」シリーズは他にも生パスタと、数量限定キズナプレートがあります。

メインの肉料理と本日のデリが2品、サラダとフライドポテトも付いて、大満足のキズナプレートは是非お腹を空かせてから召し上がってください♪

どのメニューも、食べきるとお腹が苦しくなるくらいのボリュームです。育ち盛りの息子さんや、まだまだ若いパパさんもきっと満足ができると思いますよ。

小学生以下のお子さんには、キッズランチプレートもありますので、安心してくださいね。


とびっきりのお洒落ラテは、なんと日本一

実は、コーヒーには様々な大会があります。ハンドドリップだったり、焙煎だったり、サイフォンだったり……。

そんな数ある大会の中のひとつ、UCCコーヒーマスターズ2019ラテアート部門のチャンピオンが、実はCAFE食堂.キズナのママさんなのです。

コーヒーはUCC上島珈琲
ご指定のページが見つかりませんでした。 申し訳ございません。お探しのページまたはファイルが見つかりませんでした。

大会サイトにもママさんの写真とお店の名前が。

そんなママさんの描くラテアートは種類が豊富。

カウンター席に座ると、ラテアートを描く様子を見ることができます。

出来上がりまでわくわくして待つのも良し、テーブル席で、家族みんなでラテアートを頼んで、それぞれの絵柄を見比べるも良しです。

苦いコーヒーが苦手な方には、シロップ入りのフレーバーラテでもラテアートをしてもらえますよ。

CAFE食堂.キズナのコーヒー豆は、札幌のスペシャルティーコーヒー自家焙煎の店、Standard Coffee Lab.さんの特別なブレンドです。

キズナのカフェラテのためにブレンドされた豆が牛乳と合わさったときの、心安らぐ甘さをお楽しみください。

Standard Coffee Lab.
Standard Coffee Lab. BETTTER COFFEE, Sweeter LIfe 北海道札幌市の、スペシャルティコーヒーを取り扱う自家焙煎店です。

季節ごとの可愛い限定ドリンクで、フォロワーの注目もバッチリ

CAFE食堂.キズナのお洒落ドリンクは、カフェラテだけではありません。

インスタ女子にも、甘党男子にも嬉しい季節ごとの限定ドリンクがめちゃめちゃ可愛いのです。

こちらは春限定いちご大福ラテ(¥580+tax)。
昨冬のマシュマロホットチョコレートには格好付けて「いや、私はママさんのカフェラテ一筋だから……」なんて思っていたのですが、こいつにはやられました。お店の公式SNSで紹介されて、一目惚れです。
知っていましたか? 人間の脳は、実は狩猟採集を行っていた時代からさほど進化していないため、原始の時代から美味しい果物の特徴であった「赤い果物」には、本能で惹かれてしまうのだとか。
いちごが美味しそうに見えるのは、そういった理由があったのですね。
いちご大福ラテに入っているのは、ご覧の通りいちごミルクとトッピングにバニラアイス、もちもちの求肥ホイップクリームと十勝産のあんこ。そして、魅惑のダイスいちごです。
予想よりも背の高いグラスに入っていてびっくり。
「あんこを溶かして飲むのも美味しいですよ」
とお店のママさんに言われ、あんこもアイスもホイップクリームも溶かして飲みました。
見た目は飲めるパフェ
けれど意外と甘ったるくはなく、さっぱりと飲めます。
終了時期はまだ発表されていませんが、春限定、今だけ限定です。
気になる方はお早めに。ランチやデザートとのセット割引も対象ですよ。

テイクアウトとキャッシュレスで、今なら更にお得に美味しくおうちごはん

CAFE食堂.キズナのお洒落ごはんを二重にお得に食べられる方法がテイクアウトキャッシュレスです。

 
軽減税率で、テイクアウトなら消費税8%だね。
 
今年6月までは、キャッシュレス5%還元もありますよ。

テイクアウトメニューはこちら。

【FOOD】

  • ランチボックス
    • キーマカレー     ¥650+tax
    • タコライス      ¥650+tax
    • からあげボックス   ¥750+tax
    • フォカッチャサンド  ¥600+tax
  • 中札内田舎どりのからあげ
    • 3個入         ¥400+tax
    • 6個入         ¥750+tax

【DRINK】

  • カフェラテ(HOT/ICE)  ¥500+tax
  • フレーバーラテ(HOT/ICE)¥550+tax
    キャラメル・チョコ・ホワイトチョコ
  • イタリアンソーダ    ¥450+tax
    ラズベリー・ライム・ブルーキュラソー
    ピンクグレープフルーツ・パイン

その他、パフェや季節限定ドリンクのテイクアウトもやっています。詳しくは店頭で。

事前に電話注文をしてから受け取りに行くと、スムーズに受け取れます。

新型コロナウイルスの影響で店内での飲食を取りやめなければならない日がある一方、テイクアウトの時間を拡大している日もあります。

家族で外食に行くのは自粛したいけれど、たまには美味しいものを食べさせて気晴らしをさせてあげたい。そう悩んでいるお父さん、お母さんの助けになると思います。

お店の最新情報やその日の営業形態は、インスタグラムやツイッターからご確認ください。Twitter Instagram

現在ママさん産休中により、お店の突然のお休みなどもあります。お店に行く前に、Instagramの確認をオススメしています


CAFE食堂.キズナは2020年の春で7周年になりました。

多くの人に愛されている店ですが、「恵庭にこんなお店があったなんて!」と驚かれる方もまだまだ多い、穴場でもあるこのお店。

大事な家族を喜ばせるのに、大切な人と記念日を過ごすのに、休日のコーヒーブレイクに、ほっと安らぐ地元カフェはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
広告

この記事を書いた人

「コーヒーの体験が豊かになれば、人生がもっと豊かになる」をテーマに、コーヒーと暮らしを楽しむための提案をお届けします。コーヒーが大好きで、日本中のロースタリーからコーヒー豆を購入するのはもちろん、コーヒー雑誌や本にも飛び付きます。
◆ご連絡がありましたら、「お問い合わせ」ページからお願いします。
◆このブログはリンクフリーですので、リンクはご自由にどうぞ。◆引用も法律の範囲内であれば問題ありませんが、その際も記事へのリンクをしていただけますと助かります。

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる