コーヒーの浅煎り、中煎り、深煎り。焙煎度による味の違いとは?

コーヒー専門店でコーヒーを買おうとしたとき、「浅煎り」「中煎り」「深煎り」といったコーヒーの種類があって、どれを選んだらいいかわからなくて困ったことはありませんか?

 
とりあえず真ん中ので……って選んじゃったこと、あるなぁ。

浅く煎ったのが浅煎り、深く煎ったのが深煎り。……それで?

となっているそこのあなた。

もう、コーヒー専門店で迷わなくて大丈夫です。

浅煎り、中煎り、深煎りの違いと味の特徴を知って、コーヒー通に一歩近づきましょう。


広告

コーヒーの焙煎ってそもそも何をするの? 味に与える影響とは?

じつはコーヒー豆って、厳密には豆じゃなくて種なんです。

コーヒーチェリーと呼ばれる果実の中心にある種。

果実の周りの実の部分を機械などで取り除いて、発酵させたり水洗いしたり乾燥させたり、そうやって加工したものがコーヒーの生豆になります。

生豆の状態で日本に輸出され、それぞれのコーヒー焙煎所で焙煎して、みなさんのご家庭へと届くのです。

 
焙煎はコーヒーが出来上がるまでの、最後の仕上げなんだね。
 
焙煎の出来によって、コーヒーの味が大きく左右されます。とても重要な工程なんですよ。

コーヒーの焙煎は、専用の焙煎機を使って行います。

およそ180℃の温度で、16分程度豆を熱すると、私たちのよく知るコーヒー豆が出来上がります。

(わかりやすい説明のため、大幅に省略しています)

この焙煎、最後の段階では1秒の誤差でも風味が大きく変わるのだそう。

 
プロの焙煎は、まさに職人技なのですね。

コーヒーを焙煎すると、茶色くなりますね。これは「焦げ」ではないのです。

コーヒーの生豆には

  • 脂質
  • ショ糖
  • アミノ酸

など、さまざまな成分が含まれています。

これらが高温で加熱されることによって、

  • カラメル化
  • メイラード反応

このふたつの現象が起こり、深い茶色になるのです。

 
プリンのカラメルソースや、お肉の焼き色が茶色くなるのと同じ原理なのだそうですよ。

コーヒーの焙煎が味に与える影響

コーヒーを適切に焙煎すると、生豆の持つおいしさが引き出されます。

  • 酸味
  • 甘み
  • 苦味
  • コク
  • 香り

など、コーヒーの持つフレーバーを引き出すのが焙煎の役目です。

上手に焙煎ができれば、コーヒーの個性が引き立ちます。

一方で、焙煎に失敗してしまうと

  • 生焼けでえぐみやおいしくない酸味が出る
  • 焼けすぎて焦げのような刺激のある苦味がする
  • 風味が飛んでいておいしくない

などなど、せっかくのコーヒーを台無しにしてしまいます。

 
おいしく焙煎をするって難しいんだね。焙煎士さんに感謝しなきゃ。

コーヒーの浅煎り、中煎り、深煎りの違い

焙煎について知ったところで、いよいよ焙煎度の違いについてお話ししていきましょう。

それぞれの焙煎度の特徴を知ることで、コーヒーの味を想像しやすくなったり、自分の好みのコーヒーを探しやすくなったりします。

もうコーヒー屋さんで同じ豆の焙煎度違いを見ながら悩んだり、知っているふりをして買い物をしなくて済みますよ。

広告

浅煎りコーヒーの特徴

浅煎りコーヒーについて

コーヒーの焙煎度を3段階に分けたとき、一番浅い(焼けていない)焙煎度が浅煎りになります。

浅煎りのコーヒー豆は明るいシナモン色のような茶色をしています。

それでは浅煎りのコーヒー豆の特徴を見ていきましょう。

  • 酸味が強く感じられる(ベリーのような、柑橘系のような、など)
  • サードウェーブコーヒーで特に好まれる焙煎度
  • 苦味は少ない
  • キレが感じられ、スッキリとした味わいになりやすい
  • 焙煎後の豆でコーヒーを淹れても、粉が膨らみにくい
  • 深煎りと比べて水分が蒸発していないため、重さがある
  • 深煎りと比べてカフェインが多く含まれている
  • 華やかな印象のコーヒーになりやすい

浅煎りで好まれる豆は、エチオピアケニアなど。

華やかでフルーティーなコーヒーになりやすいので、それまで苦いコーヒーだけを飲んできた方には、「こんなコーヒーがあるなんて!」と驚かれる焙煎度です。


中煎りコーヒーの特徴

中煎りコーヒーについて

浅煎りと深煎りの中間の焙煎度が、中煎りになります。

浅煎りよりは茶色く、けれど深煎りの黒々とした感じよりは明るい茶色になります。

それでは中煎りのコーヒー豆の特徴を見ていきましょう。

  • 酸味と甘み、コクのバランスがよくなってくる
  • 柑橘のような酸味が感じられるものもあれば、ナッツのような香ばしさやチョコレート感を感じるものもある
  • 苦味もほどよく感じられる
  • コーヒーらしさもありながら軽い味わいになりやすく、万人受けしやすい
  • 焙煎したてのコーヒー豆にお湯を注ぐと、もこもこと膨らんでくる

味わいの特徴も、浅煎りと深煎りの中間といった感じです。

ブラジルホンジュラスコロンビアグアテマラなど、さまざまな産地の豆で中煎りを見かけると思います。

酸味がおいしく、けれどコクもあるコーヒーが中煎りに好まれるようです。


深煎りコーヒーの特徴

深煎りコーヒーについて

最も深く焙煎されたコーヒー豆が深煎りになります。

深煎りのコーヒー豆は、焦げ茶のような、黒々と輝いているような、どっしりとした色合いになります。

それでは深煎りのコーヒー豆の特徴を見ていきましょう。

  • 甘みがあり、苦味が強い
  • コクがありミルクとの相性も良い
  • まろやかな味わいになりやすい
  • エスプレッソに適している
  • コーヒー豆の表面に油膜が浮かびやすい
  • 浅煎りと比べ水分が蒸発しているので、同じ体積でも軽くなる
  • 浅煎りと比べカフェインは少ない

従来はエスプレッソにする豆は深煎りがメジャーでしたが、近年では浅い焙煎度の豆で華やかなエスプレッソを楽しむお店も増えてきました

いかにもコーヒーらしい苦味が感じられるのが深煎りです。

深煎りで好まれるのはインドネシアのほか、グアテマラコロンビアなどの中煎りでご紹介した豆も、深煎りに向いています。

同じ豆でも、焙煎度を変えることで引き出される味わいが異なってきます。

広告

焙煎度を基準にコーヒー豆を選ぶときに注意したいこと

お店ごとのコーヒーの焙煎度の差

ここで、ひとつ注意していただきたいことがあります。

じつは、「浅煎りはこれくらいの焙煎度、中煎りはここからここまで、深煎りはこれくらい」という統一された基準はなく、それぞれの焙煎度は、お店によって異なるのです。

あるお店では「中煎り」として売られていたのと同じくらいの焙煎度で、別のお店では「浅煎り」として売られていることもあります。

同じ「中煎り」でも、お店が変われば少し浅めだったり、少し深めだったり、差があるのです。

なので、あるお店のある焙煎度が気に入ったとしても、別のお店ではあなたの好きな焙煎度は違うかもしれないのです。

あっちのお店では中煎りがおいしかったのに、このお店の中煎りはあまり口に合わないな」というときは、他の焙煎度を試してみてください。

お店ごとに自分の好みのコーヒー豆を探し直さなければならないのは面倒に思われるかもしれませんが、試飲ができるお店も多くありますし、勇気を出して店員さんに訊いてみるのも良いと思います。

コーヒー専門店の店員さんは、とてもコーヒーに詳しくて、親切な方が多いです。

自分の好みを伝えると、合いそうなコーヒーを一緒に探してくれますよ。

 
コーヒー屋さんで店員さんと話すのが好きって人も多いよね。

以上、コーヒーの焙煎について、焙煎度の違いについて解説させていただきました。

コーヒー初心者の方にわかりやすいように心がけてみましたが、いかがだったでしょうか?

説明がわかりにくいと感じたところや、もっと詳しく解説してほしい部分があれば、ぜひお気軽にコメントをください。

 
お待ちしています。

また、取り上げてほしいコーヒートピックなどもあれば、コメント欄でも、ツイッターへのリプライでも書き込み大歓迎です。

「道産子MAYAのコーヒー歩き」を通して、コーヒーをもっと楽しんでもらえたらうれしいです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

コーヒー初心者さん向けのオススメ記事はこちら↓

あわせて読みたい

「コーヒーの体験が豊かになれば、人生がもっと豊かになる」をテーマに、コーヒーを楽しんでいるMAYAです。みなさんにもコーヒーをもっと楽しんでほしいので、今日はコーヒー初心者さんのための記事を書こうと思います。 こ[…]

アイキャッチ 今日から始めるコーヒー生活
あわせて読みたい

「コーヒーを始めたけれど、おいしい淹れ方がわからない」「いつも淹れているコーヒーが、どうにもお店みたいにおいしくならない」「コーヒー初心者でもできる、おいしいコーヒーを淹れるやり方を知りたい」このページをご覧になった[…]

アイキャッチ 本格コーヒー3つの淹れ方
広告