メイデーア転生物語5巻の発売まで待ちきれない! そんな時の飢えの凌ぎ方。

コーヒータイムの読書が大好き、MAYAです。

私はこのブログでも前に紹介したファンタジー小説「メイデーア転生物語」を変わらず愛読していて、新刊はまだかまだかと待ち望んでいる読者の一人です。

この記事ではメイデーア成分が枯渇してしまって耐えきれなくなったときに私が行ったことや、メイデーアの新刊打ち切り情報についてまとめています。

  • メイデーア転生物語の5巻が待ちきれない人
  • メイデーア成分を何でもいいから摂取したい人
  • メイデーア転生物語が打ち切りにならないか心配な人

私自身、「メイデーアの新刊まだ? 新刊まだ?」と検索しては、何の情報もないことにがっくりする……というのを繰り返していました。

今、続きがすっごく気になるところで中断していますものね!!

この記事が私のようなメイデーア読者さんのお役に立てたらうれしいです。

結論から先に言うと、

  • メイデーア転生物語の最新情報を知りたければ、作者の友麻碧先生のツイッターをチェックすべし
  • 友麻碧先生の書いている「浅草鬼嫁日記」シリーズがジェネリックメイデーアとして優秀
  • 打ち切りの心配は今はないと思うよ!

ということについて、この記事では解説しています。

また、「浅草鬼嫁日記」はもう読んでしまって、それでもメイデーア成分が足りない……とお困りの方に、メイデーアが好きな人にはきっと刺さるオススメのファンタジーも紹介しています。

それではご覧ください。

前にメイデーアを紹介した記事

ツイッターの広告で一目見て気になって、その後も私に思い出させるように何度も現れ、そしてついに購入してしまった小説《メイデーア転生物語》。とてもとても面白くて、3巻まで一気読みしちゃいました。もっともっともーっと売れて、絶対に打ち切り[…]

メイデーア転生物語

「メイデーア転生物語」小説版5巻の発売はいつ?

「メイデーア転生物語」は、富士見L文庫から出版されている「片想いから始まる転生ファンタジー」です。

 
コミカライズ版も、月刊Gファンタジーで連載している、大人気シリーズだよ。

知らない人のためにリンクも貼っておきますね。

2020年12月に4巻が発売されて以来、ぱたっと新刊が止まってしまったメイデーア。

それまでは年に3冊ほどのペースで出版されていたので、通常のペースで出版されれば2021年の上半期には5巻が出るはずだったのですが、刊行ペースが少し乱れて、2021年秋発売予定となっています。

この情報は7月に発売された「浅草鬼嫁日記9巻」の帯に載っていたようです。

富士見L文庫さんの10月の新刊情報にはメイデーアは載っていなかったので、恐らく11月発売なのでしょうか? 正式発表が待たれますね。

新刊の出版予定というものは、出版社の正式発表までは、厳重な企業秘密です。

なのでメイデーアの最新巻情報も、もちろん富士見L文庫の新刊情報ページ、あるいは「メイデーア転生物語」特設サイトが一番早いでしょう。

ここに載っていなければ、新刊の発売日は未定(まだ内緒)ということです。

メイデーア転生物語

『かくりよの宿飯』『浅草鬼嫁日記』の友麻碧最新作 片思いから始まる転生ファンタジー…


最新情報は友麻碧先生のツイッターをフォローしよう。

 
とはいえ、出版社のページをブックマークして毎日チェックする、なんてのはとても面倒くさいですよね。

そんな人におすすめなのが、作者の友麻碧先生のツイッターをフォローすることです。( @kappadoumei

もちろん上に書いたように、最新刊情報が一番早く掲載されるのは、出版社の公式サイトです。

 
作者であっても、出版社が公表するまでは発売日を口外するのは厳禁なんだよね。

でも、多くの作家さんがそうであるように、友麻碧先生も、出版社が発売日を公表したら、ツイッターで告知してくださいます。

こんな風に。

メイデーアも新刊の発売日を告知できるようになったら、きっと出版社サイトの次に早くお知らせしてくださいますし、他にも友麻碧先生をフォローするメリットはあります。

  • 友麻碧先生の呟きで、作品の裏話を知ることができるかも
  • (発売日は言えなくても)「今メイデーアを執筆中です」とツイートすることはできるので、運がよければやきもきが減らせるかも
 
ちなみに、友麻碧先生をフォローするときにおすすめしていることがあります。

友麻碧先生は、読者さんからのファンアートや、コミカライズ情報などをたくさんリツイートしています。

TLが埋まっちゃって嫌かもしれないな~という人は、あらかじめリツイートを表示しない設定にしておくと、ストレスなく友麻碧先生のツイートを見ることができますよ。


ジェネリックメイデーア!? 「浅草鬼嫁日記」でメイデーアの飢えを凌ごう。

あなたもそうだと思うのですが、私ももう、メイデーアの新刊が待ちきれなくて待ちきれなくて

強くて可愛くて頑張り屋さんのマキアに早く会いたい。

マキアとトールの関係にきゅんきゅんしたい。

そんな私はついに、友麻碧先生の書いている別シリーズ「浅草鬼嫁日記」に手を出してしまいました。

 
同じ作者さんだから、きっと気に入ると思ったの?
 
そんな単純な理由ではありません。メイデーアに飢えている全人類は、浅草鬼嫁日記を読むべきです。
  • 前世で鬼の姫であった真紀
  • 前世で真紀の夫で、同じく鬼であった馨(かおる)
  • 前世であやかしの鵺(ぬえ)だった由理彦

「浅草鬼嫁日記」のメイン3人はこんなキャラなのですが……名前から勘づいている方も多いですよね。

そう、「浅草鬼嫁日記」には、メイデーア成分が盛大に入っているのです!!

(「ジェネリックメイデーア」と書いてはいますが、厳密には「ジェネリック」という言葉は正しくありません。雰囲気で感じてもらえたらうれしいです)


「浅草鬼嫁日記」はメイデーアから生まれた

実は「浅草鬼嫁日記」の原型は、メイデーアなのです。

といっても、私たちが待ち焦がれている「メイデーア転生物語」の方ではありません。

 
どういうこと?

メイデーアは元々、「小説家になろう」という小説投稿サイトで連載されていた小説でした。(当時のペンネームは「かっぱ同盟」さんでした)

 

「小説家になろう」バージョンのメイデーアのことを、ファンの中には「旧メイデーア(略して旧メ)」と呼ぶ人もいますね。

「旧メイデーア」は一度書籍化されたのですが、残念ながら2巻で打ち切りとなってしまいました。

書籍としては完結させられなかった「旧メイデーア」の地球編を元に作られたのが、「浅草鬼嫁日記」です。

ちなみに「旧メイデーア」では三人組でワンセットだったマキア、トール、ユリシスですが、「三人組要素」を浅草鬼嫁日記の方に入れたので、「メイデーア転生物語」ではユリシスが大人の先生としてアレンジされたのだというエピソードもあります。

つまり、「メイデーア転生物語」よりもメイデーアメイデーアしている部分が、浅草鬼嫁日記にはあるのです!

メイデーアファンとして、これは読んでおかねばと思いませんか?

……とはいえ、実は私もそこまで知っていても、なかなか浅草鬼嫁日記には手を出せていなかったのです。

なぜならば、私は西洋風ファンタジーは大好きだけれども、和風ものはあまり好きではなかったから!

「あらすじを見ると鬼とか平安時代とかあるし、楽しめるか心配……」と思っていました。

結局そんな不安よりもメイデーアに対する飢えの方が勝って、まずはマンガ版の1巻に手を出してみました。

サクッとつまみ食いできるのと、マキアやトールに似たビジュアルを見れた方がハマりやすいかと思いまして。

結果、マンガ版の1巻がとても気に入って小説版1巻から読み始め、今は絶賛寝不足中です。

ちなみに、浅草鬼嫁日記のコミカライズ版には、トール的ポジション馨くんの視点の外伝? もあるみたいです。

小説版でも触れられていない心情が描かれているんじゃないかと、今から読むのが楽しみです。


「浅草鬼嫁日記」の中にある「メイデーア転生物語」要素

ここまで読んでも、「浅草鬼嫁日記に手を出しにくいな……本当にメイデーア成分を補充できるのかな……」と不安な方もいらっしゃると思います。

私も読んでみるまでそうでした。

ここで最後のダメ押しで、「浅草鬼嫁日記」の中にあるメイデーア成分を見てみましょう。

もちろんネタバレにならない範囲です!

  • 主人公ズの絆が、マキアとトールを彷彿とさせる
  • 真紀の体温があったかい
  • 食べものの描写がおいしそう
  • 学生生活パートもすごく楽しい
  • 前世のできごとが物語の根幹に関わっている

などなど。

キャラクター同士の関係性や絆の深さといった大枠もメイデーアっぽいのですが、それだけじゃなくて些細な要素まで「あ、ここメイデーアだ」と思うところが多々あるのです。

特に私は、マキアに対応する真紀ちゃんの体温が高かったところに、とてもメイデーアを感じました。

伝わる!? この萌え!!


「メイデーア転生物語」の打ち切りが心配な方へ

メイデーアの新刊がなかなか出ないことで、打ち切りが心配になっている読者さんも多いと思います。

でも大丈夫! 今のところメイデーアには、打ち切りの気配はありません

 
旧メイデーアが一度打ち切りになっているので、「メイデーア 打ち切り」で検索すると、たくさんヒットしてしまって不安になりますよね。

私は子どもの頃から読書が大好きで、特にメイデーアのような「ライト文芸」や「ライトノベル」はたくさん読んできました。

そんな中で、打ち切りになったシリーズもいくつも経験しています。

シリーズが打ち切りになるときというのは、

  • 作者が続きを書けなくなった
  • シリーズの売れ行きが良くなくて、編集部が続刊の出版をやめた

大きくこの2パターンがあります。

メイデーアの場合、旧メイデーアが完結していることから、ストーリーの大きな流れは決定している状態です。まれにある「作者が続きが思いつかなくて」という打ち切りパターンは、メイデーアには当てはまらないでしょう。

(「メイデーア転生物語」になって新たに書き直している部分も多くあるので、その可能性がゼロとは言い切れませんが、友麻碧先生のこれまでのシリーズ完結状況からいっても、恐らく大丈夫でしょう)

また、「メイデーア転生物語」は今も人気のあるシリーズだと思います。

発行部数や売れ行きは一読者の私にはわかりませんが、出版社によるコミカライズ版の宣伝ツイートも多く、「宣伝すれば読者が食いついてくれる状態」であることがわかります。

また、コミカライズ版が連載されているGファンタジーでは、創刊○周年企画で毎年連載中の作品の色紙がもらえる応募者全員サービスを行っているそうなのですが(※有料プレゼントです)、2021年にもメイデーアが対象作品となっていて、多数の読者さんからの応募がありました。

もう一度言いますが、有料です!!

ツイッターには色紙が届いたファンの方の写真つきツイートがたくさん呟かれていました。

応募数は出版社が把握できるものなので、メイデーアの人気度が伝わったと思います。

(色紙プレゼント企画の特設サイト等がないかなと探してみたのですが、見つけられませんでした。見つけ次第リンクも貼りますね!)

 
つまり、メイデーアは人気があるから打ち切りの心配はいらないってことだね。

ファンレターは出版社への一番のアピール。

それでも将来のことはわからないじゃない! やっぱり打ち切りが心配!

というメイデーアへの愛情が深い人には、ファンレターを出すことをおすすめします。

 
今時ファンレター? SNSで直接感想を伝える方が効果的じゃない? いっぱいリツイートされれば人気なのも伝わるんだしさ。
 
そう思いますよね。特に友麻碧先生は、感想ツイートは気付いて拾ってくれますし。

そう、みんな「作者に感想が伝わっているから、人気なのはわかってもらえる」と思うのです。

……それは甘いです!

令和の時代になっても、編集部にとってファンレターというのはとても大きな存在です。

ファンレターが1通あるかないかで、作品の存続が決まることだってあるのです。

本当ですよ? 1通のファンレターが、作品を打ち切りの手から救うことも、出版業界では多いのです。

SNSで感想をいっぱい呟くことでだって、作品への愛や人気度は伝わるんじゃないの? とは私も思います。実際、SNSでの反応を指標にしている業界だってありますものね。

でもやっぱり、出版業界では不思議とファンレターが強いんですよね。

  • わざわざ紙に手書きで
  • 切手代もかけて
  • 時間をかけて、想いを込めて

そんな風に丁寧に書かれたファンレターは、作家さんの元に転送される前に、編集部が中身を確認します。

どんなにその作品が好きか、どれだけ続きを待っているか。それを伝えるのは、つたない言葉でも大丈夫です。

「待っている読者さんがいる」

そう編集部に伝わると、早く続きを出そう、シリーズを続けようと思ってもらえるはずです。

 
ファンレターは手紙に何枚も書かなくても大丈夫ですし、はがきや絵はがきに書いたっていいんですよ。
 
もちろん、思いのままにいっぱい書いてもいいけどね。

友麻碧先生へのファンレターの送り先は?

友麻碧先生へのファンレターは、文庫の奥付にある編集部の住所に送ると届きます。手元に文庫本がある方はご参照ください。

ただ、電子書籍版には住所が載っていないのですよね。そんな方にはこちら↓

〒102-8177
東京都千代田区富士見2-13-3
株式会社KADOKAWA
富士見L文庫編集部気付 友麻碧先生御中

ちなみに、友麻碧先生ではなくイラストを描かれている雨壱絵穹先生にファンレターを出したいときは、上の宛先の「友麻碧」先生の部分を、「雨壱絵穹」先生に変えれば届きます。


それでもメイデーア成分が足りない人に、オススメのファンタジー

 
「浅草鬼嫁日記」は全部読んだよ! 馨くん視点のマンガも読んだよ! それでもメイデーアへの禁断症状が出ちゃうんだよおおぉぉぉぉぉ!
 
……そんな方のために、他にもオススメなファンタジーを紹介しますね。

たぶんメイデーアが好きな人には、きっと刺さると思います!


「おこぼれ姫と円卓の騎士」シリーズ

こちらは石田リンネ先生著・全17巻プラス外伝1巻で、完結済みの王道ファンタジー小説です。

レーベルがビーズログ文庫なので、ジャンルとしては少女向けライトノベルですね。

優秀な2人の兄王子が王位争いをする国で、次期女王の座がこぼれ落ちてきた末の姫レティーツィアが、女王として即位するために奮闘するお話です。

メイデーアとは違って転生ものではないのですが、

  • 主人公の女の子が強くて賢くて可愛い
  • そして努力家
  • 魔法要素有り
  • 老若男女、出てくるキャラクターが魅力的
  • キュン要素有り!

という共通点があって、きっと気に入ると思います。私はおこぼれ姫にハマったときも、酷い寝不足になりました……。

巻数が多いのにとても面白くて、たまに1巻から最終巻まで読み返します。長いシリーズもので読み返すのは、私の中ではレアです。

コミカライズ版もあるので、まずはマンガでサクッと雰囲気を味わってから、原作小説版に手を出すこともできますよ!


「転生悪女の黒歴史」シリーズ

「転生悪女の黒歴史」は冬夏アキハル先生著・月間LaLaにて連載中です。

こちらはメイデーアと同じく悪役に転生するジャンルですが、少女マンガです。

現代日本に暮らしていた主人公が転生した先は、学生時代にノートに書いていた物語の世界で、そこで主人公は最強の悪女・イアナとしての人生を歩むことになります。

メイデーアにハマってくれたフォロワーさんが、「転生悪女の黒歴史」も楽しんで読んでくださっているので、きっとメイデーアファンのツボを押してくれる作品だと思います。

  • 悪役転生もの
  • 主人公の女の子が頑張る話
  • 少女マンガなのでキュン多め、イケメン多め
  • 黒歴史というだけあって、ちょっとイタい

少女マンガど真ん中なので、メイデーアや上で紹介したおこぼれ姫とは違ってワクワク・ハラハラ要素は少なめです。

ただ、メイデーアにも流行りの「悪役転生もの」というところからハマった人だと、転生悪女の黒歴史も楽しめるのではないかなと思います。

私は普段少女マンガをほとんど読まないので、久しぶりにキュンキュンするものを読んで楽しかったです。

難点をひとつ言うなら、連載されているのが月刊誌なので、続きがなかなか出なくてもどかしいという問題があります……。

LaLa|白泉社

白泉社「LaLa [月刊ララ]」に連載中の「転生悪女の黒歴史」情報をお届け!…


メイデーアも、浅草鬼嫁日記も、後半で紹介したふたつのシリーズも、どれも大好きで記事がつい長くなってしまいました。

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。

私自身、メイデーアが好きで好きでたまらなくて、続きが待ちきれない読者のひとりです。

「メイデーアが好きな人なら刺さると思うよ!」という作品を紹介させていただきましたが、そういう作品を私も探しています!

もしメイデーア読者さんのおすすめのファンタジーがあれば、下のコメント欄や、ツイッターで教えていただけたらうれしいです。(リプライでも、引用RTでもどちらでも大丈夫です!)

ファンのみんなで応援しながら、メイデーアを完結まで追いかけたいですね!

広告