NPO法人《ツキネコ北海道》に、初めて寄付をしてみました。

カフェやコーヒーが大好きだから、寄付もしようと思っているこのブログ。

今日は、猫の保護団体《NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道さんへ寄付をしてみました。

コーヒーブログなのに、どうして猫なの? と思われた方もいらっしゃるでしょう。

その理由は、こちらの記事から。

あわせて読みたい

今日ご紹介するカフェは、北海道厚真町にあるMomo Cafe(モモカフェ)さんです。エゾリスが遊びにくるカフェとして話題になったこともあるMomo Cafeさん。https://twitter.com/myumyulovemyu/s[…]

アイキャッチ カワイイをぎゅっと詰め込みました

北海道厚真町にあるMomo Cafe(モモカフェ)さんに行って以来、私はすっかり猫好きになってしまいました。

モモカフェのオーナーみらいさんが猫を慈しむように、私も猫を大切にしたい。

「モモカフェのお陰で猫を好きになって、保護猫団体に寄付もしたんですよ!」なんていつか言えたら、みらいさんが喜んでくれるかもしれない。

大好きなモモカフェへの応援の気持ちも込めて、身近なところから・始めやすいところから猫のために行動しよう。

そんな思いを込めて、《ツキネコ北海道》さんへ寄付をしてみました。

みなさんは、猫は好きですか?

「猫が好きです!」

「犬派なんです」

「動物はちょっと苦手で……」

なんて、みなさん好みはさまざまだとは思いますが、猫好きのMAYAに少しお付き合いいただけたらうれしいです。

そもそもMAYAがコーヒーブログの中で寄付活動をしようと思った理由については、こちらの記事をご覧ください↓

あわせて読みたい

みなさーん、カフェとコーヒーは好きですか~~~? 私は大好きでーす!道産子MAYAのコーヒー歩きのテーマは「コーヒーの体験が豊かになれば、人生がもっと豊かになる」です。今日は、直接コーヒーを楽しむので[…]


猫の保護活動をしている《ツキネコ北海道》はどんな団体なのか

私が今回寄付をした団体は、《NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道さんです。

《ツキネコ北海道》の始まりは、2004年。

最初は、代表の吉井さんひとりだけでの小さな保護活動から始まったのだそうです。

それから次第に活動が大きくなり、今では札幌市内に2つの保護猫譲渡型のカフェを運営しています。

年間の保護・譲渡数はおよそ400匹

個人からの相談だけでなく、行政からの相談も受けている団体なので、信頼できそうだなぁと思い《ツキネコ北海道》への寄付を決めました。

 
寄付をするなら、きちんと活動を行ってくれているところがいいからね。

2020年は年明け早々に大規模な多頭飼育崩壊(猫が増えすぎてしまって、育てられなくなってしまった事案)があったにも関わらず、保護した猫たちの譲渡会もコロナの影響で満足に行えませんでした。

外出自粛の影響で、カフェでの寄付もおそらく減って、きっと大変なことでしょう……。

少額ですが、私の寄付も猫たちの役に立ってくれたらうれしいです。


どんな活動をしているの?

猫の保護活動をしている団体、というのですから、飼い主のいない猫を保護して譲渡する活動をしているのだろう、と私は安直に考えていました。

よくよく調べてみると、

  • 捨て猫や飼育崩壊をした猫の里親探し
  • 不幸な野良猫を増やさないためのTNR活動(野良猫を保護し去勢した上で元の場所に返す活動)
  • 猫の適正飼育のための啓蒙活動や相談活動

など、さまざまな活動を行っているようです。

 
色んな活動をしているんだね。

行き場のない猫たちの居場所であり、寄付を募ったり里親を探す場でもある札幌市内ふたつの保護猫カフェ、ツキネコカフェニャイダーハウスには、私もいつか行ってみたいなと思います。


《ツキネコ北海道》を支援するには

《ツキネコ北海道》では寄付はもちろん、

  • Amazonの欲しいものリストからの物資支援
  • ボランティアの募集

など、いろんな形での支援を募っています。

募金箱を設置しているお店や、運営している保護猫カフェから募金をすることも素敵だと思います。

それぞれの支援者さんの事情に合った支援方法が選べるので、支援する側にも、される側(猫たち)にも優しい団体さんだなぁと思います。


支援方法は様々。自分に合った支援を

具体的に、《ツキネコ北海道》さんを支援するにはこのような方法があります。

上記リスト・説明文は《ツキネコ北海道》さんのホームページの説明を引用しています。

この他にも、直接《ツキネコ北海道》の口座に寄付金を入金したり、必要な支援物資を郵送や持ち込みで寄付したりもできます。詳しくはホームページをご覧ください。


MAYAの行った寄付方法

MAYAはこれらの支援方法の中から、「アニマルドネーション」さんでの寄付を選びました。

寄付金控除を受けられる、ということは、それだけきちんと管理がされているサービスなのかなと思ったからです。

お金のやりとりが発生しますし、クレジットカードで支払うのであれば、大切な個人情報も提供することになりますからね。

アニマルドネーションさんでの寄付は、スマホからでも簡単に行うことができました。

アニマルドネーションでの寄付方法

アニマルドネーションの《ツキネコ北海道》のページを開いて、下にスクロールをしていくと「この団体に寄付をする」というボックスが現れます。

右下の可愛らしい「支援する」ボタンではないので注意です。

(「支援する」ボタンは他の団体への寄付を選んだり、アニマルドネーションさん自体への寄付をするボタンでした)

今回は寄付をする先が決まっているので、間違って押してしまったらブラウザバックです。

寄付は毎月寄付をするか、今回だけ寄付をするかが選べます。

その都度お財布と相談をして寄付をしたかったので、私は「今回だけ」を選びました。それから金額を選んで、寄付カートに入れます。

そこからは画面の指示通りに進んで、入金方法の選択・登録と、ユーザー登録をします。

確定申告の際の寄付金控除の対象となるので、年に一度、寄付の金額を証明するための書類を送ってくださるそうです。

なので住所や名前も間違えないように入力して、寄付を行います。

私はクレジットカードで寄付できるなら楽だなぁ、と思っていたのですが、見てみたらAmazon payが利用できるということだったので、更に安心なAmazon payを利用しました。

寄付した記録がこちらです。

初めてだったので、まずは3000円を寄付してみました。

1000円から寄付できるので、週末のカフェの予定が潰えてしまった……なんて時にでも、人助けならぬ猫助けをしてもらえたら良いのかなと思います。


北海道には、そして日本には他にもたくさんの保護猫の団体があります。

猫だけではなく、さまざまな動物たち、さまざまな助けを必要としている人を支援する団体があります。

コーヒーを好きになって、カフェが好きになって、そんな中でモモカフェの猫ちゃんたちのお陰で更に猫が好きになって、今回私は《ツキネコ北海道》に寄付をしました。

コーヒーから始まる優しさの輪は、十人十色、さまざまあると思います。

私も、興味がある活動は猫の支援だけではありませんからね。

お財布の余裕にも限りがありますが、コーヒーラバーとして、社会の問題や世界の問題、地球の問題に関心を向けて、できることから活動していきたいなと思います。

また何か行動したら、ご報告しますね。

広告